看護師の転職を成功させるには

看護師の方は様々な理由で退職する方が多くいます。 しかし看護の仕事を辞めてしまう人は少なく、次の仕事もやはり 看護師をするという方がほとんどです。 そんな看護師の転職を成功させるにはどうすればよいのでしょうか。

年の区切りである4月の入職が多いのは当然ですが、 実は9月の入職も多くあります。逆を言えば、 9月を過ぎて年末に向けては求人は少なくなってきます。

これは、年末年始にかけて病院が大変忙しくなり、緊急を要さない 限り、採用を行う余裕が無くなるということがいえるでしょう。

また、転職する側も年末に出るボーナスをもらってからの 転職をと考える人が多いため、年末は転職活動をする人も 少なくなることもあるでしょう。

では9月以降は4月まで待ったほうがいいのかというと、 そういうわけではありません。 やはり少なくはなるものの、求人の募集もありますし求職する人が 少ない分、より良い情報が入ってくる場合もあるのです。

ですから転職を希望する方は、求人の少ない時期だからと諦めず、 焦らずコツコツ求人情報を探すのがよいでしょう。

また、求人が少なくなるからといって急いで転職を決めてしまう ことは、急いでいない限りお勧めできません。 少ない情報しか得られないまま決めてしまい、 実際に勤務を始めてしまって後悔する場合も出てきます。

年末に向けて病院もバタバタと忙しくなるため、 きちんと指導がされなかったり、 雇用条件が変わったと言うことも無くはありません。

中にはご自身やご家族の生活がかかっている場合も あるかと思います。 そんな方は求人が少なくなるなどと言ってはいられないため、 より良い情報を素早く手に入れる必要があります。

そういった場合はやはり、インターネットの看護師求人サイトや 看護師協会での求職活動、看護師紹介会社などの相談会などに 参加するといったことも転職にはとても有利になるでしょう。

看護師の転職には、はやり事前の情報収集が必須です。 少しでも良い環境で、より良い職場につくには 日ごろからの求職活動が重要となるでしょう。

このページの先頭へ