看護師の転職求人の探し方は?

看護師

看護師が転職をする際に集める求人情報は様々なところで 公開されています。 その中の一つに日本看護協会(ナースバンク)が運営する ナースセンターをご存知でしょうか。

各都道府県に1箇所は必ず設置されているナースセンターはとても有名で、そのナースセンターを利用して求職活動をする方も かなり多くなっています。

このナースセンターは、インターネットからも求職活動をする事ができます。インターネットでeナースセンターにアクセスし、 名前や住所などの基本的なものを登録すれば会員登録が完了します。これで、保育園看護師求人など各種の求人を見ることもできます。

eナースセンターでは求職票というものがあります。 この求職票の登録を済ませることで、求人応募の際に ナースセンターが仕事の紹介を行ってくれるのです。

求職票の入力を済ませたら早速求人情報を探してみましょう。 気に入ったものがあった場合は紹介依頼をしてください。

また、インターネットではなく各地に設置されている ナースセンターでの求職活動も無料で利用できますので、 お住まいの近くにナースセンターがある方は、 ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

ナースセンターでは求人の紹介だけでなく、看護における スキルアップや最新情報なども紹介しています。 様々な情報を用意しているナースセンターですが、 有料のものもありますので注意してください。

ナースセンターを利用する際は協会への入会が必要となります。 各地のナースセンターやホームページから入会申請ができますが、 入会申請を行える期間は決まっていますので、 詳しい内容は各センターへ問い合わせください。

ナースセンターでの求職活動は各ナースセンターへ足を運び、 相談員とのやり取りとなります。

ナースセンターでは就労支援のサポートにとても力を入れています。 全国の都道府県に必ず設置されており、 医療関係の求人ばかりですので求人情報も大変豊富です。

また、ナースセンターでの求職活動は登録から紹介まで全て無料で 利用することができるため、上手に利用すると良いでしょう。
独立行政法人国立病院機構 愛媛医療センター

看護師の退職理由は様々

看護師の仕事はとても大変で、毎日の勤務をはじめとし、 過酷な雇用形態や人間関係も複雑です。 看護師は体力的にも精神的にも大変 疲労感の多い職業と言えるでしょう。

そんな看護師の仕事を続けていく中で、 やはり何度かは退職を考える場合がでてくると思います。 その中でも目立つ退職理由が精神的な事によるものです。

職場の人間関係の中で感情的になったり、 モラルに反することを毎日言われたりすると、頭痛や腹痛、 めまいや吐き気など、様々な症状があらわれ、 うつ状態になってしまう看護師も少なくありません。

自分がうつ状態とは気づかずにそのまま無理をして働き、 ついには体を壊してしまったり、看護師の仕事が本当に嫌になり 辞めてしまう場合も少なくありません。

看護師にとってチームワークは不可欠です。 患者の状態や様々な情報の引継ぎは無くてはならないものですが、 それを伝達しなかったり、わざと失敗させたりして精神的に とても辛い状態に追い込まれる職場もあるようです。

どんな職業でも同じですが、パワハラやモラハラなどは たとえ自分が変わってもなかなか終わりません。 そんな悩みを抱え込んだままの状態にしておくと うつ症状が出てきて、取り返しのつかない状態に陥ったりします。

時にはきつい職場環境で耐える事も必要かもしれませんが、 臨機応変に転職を考えるのも、将来へ繋がる第一歩になるはずです。

パワハラやモラハラは、比較的職場の教育方針がしっかりしている 所のほうが少ないように見受けられます。 きちんとした管理の下でしっかりした教育をしている病院は、 人間的にもより良い人材が多いようです。

ベテラン看護師の方でも転職したら新人看護師になります。 看護師になりたての新人看護師と同じように 全てが一からのスタートです。

実際に働かないと分からない部分は多くあると思います。 しかし、よりよい環境での勤務はやはり事前の情報収集が重要です。

インターネットや看護師協会などの求人情報で 様々な情報を取り入れて、十分に職場環境などを調べて からが良いでしょう。

看護師になるには?看護師の仕事は?

看護師は、病気の人を助けお世話するやりがいのある仕事です。体力面や精神面では大変なこともありますが、求人も多く、魅力的な仕事です。

白衣の天使とも言われていますが、最近では男性看護師も増えつつあります。ここでは、看護師になれるのかを紹介します。

看護師は、看護師国家試験に合格した者に与えられる資格です。この国家試験の受験資格を得るためには、高校卒業後、3年間の看護専門学校、3年間の看護系短期大学、4年制の看護大学に進学し、卒業資格を得なければなりません。

近年では、最新医療の知識を学ぶためにも、また、保健師や助産師の国家試験受験資格を与えられることから、4年制の看護大学で学ぶ人たちが増えています。

他にも准看護師から、看護師へのスキルアップを図るために再び学び直す人も増えています。

国家資格を得たら、就職先には困ることはありません。総合病院から小さな個人病院、クリニック、老人ホームなどの施設、公共機関、保育園など多岐にわたります。

総合病院では、最新の医療機器の中で、高度な医療技術を習得しながら働くことができますし、小さなクリニックや老人ホームでは、ケアなどを中心にゆったりとお世話をしながら働くことができます。

自分の希望にあった就職先をみつけることができるでしょう。

また、資格も終身ですが、どんどん進歩する医療についていくために、勉強も日々おこなわなければなりません。

医師が不足しているので、看護師が担う仕事も増えており、ある専門に特化した専門看護師というものもあります。

女性は、結婚、出産などのライフステージに伴い、働きにくくなる時期がありますが、資格があるゆえに、比較的自分の希望に沿った働き方ができる仕事です。

独身時代は、総合病院などで夜勤をこなしながら働き、出産後は、育児休暇をはさんで、時短勤務などライフワークバランスのとれた生活ができるでしょう。

このページの先頭へ